AGAの治療薬には、ミノキシジルとプロペシアの2種類があります。
この2つの薬はそれぞれ働きかける部分が違っており、併用することも可能です。
ただしミノキシジルの影響により、服用し始めてしばらくすると初期脱毛が見られることがあります。
なぜ初期脱毛が起きるのかは、ミノキシジルが働きかける部分と関係しています。
そのためこの薬にどのような効果があるのかを知ることで、初期脱毛が見られた際も慌てずに対処することができます。

ミノキシジルの効果について

AGAの治療薬のひとつであるミノキシジルですが、この薬には、血管を拡張する効果があります。
血管が広がるとその分血液が流れやすくなります。
すると毛根まで栄養や酸素が行きわたりやすくなり、毛の成長が促進されます。
また血管が広がると、頭皮にも酸素や栄養が浸透して頭皮が柔らかくなり、頭部の血管が広がりやすくなるのです。

血管を広げることで血流を良くし、毛の成長を促進するミノキシジルはAGAだけでなく、他の脱毛にも対処することができます。
例えば同じAGA治療薬でも、プロペシアはAGAの原因となる物質の発生を抑えるものなので、他の原因による脱毛には対処することができません。
一方ミノキシジルは血流を促進し、毛の成長を促進する薬なので、AGA以外の脱毛にも対処することができます。
さらにプロペシアは女性は服用することができませんが、ミノキシジルは女性も服用することができます。
そのため女性向けの育毛剤にも配合されていることが多いです。

このように様々な脱毛に対処することができるミノキシジルですが、血管が拡張し、血流が良くなることで副作用が生じることもあります。
例えば外用薬の場合、よく見られる副作用が頭皮のかゆみやかぶれです。
これは薬に含まれる刺激に対して頭皮が敏感に感じ取っている場合もありますが、血流が良くなることでかゆみにつながることもあります。

一方内服薬の場合、めまいや立ちくらみといった症状が現れることがあります。
これは急激に血流が良くなると、血圧が低下するために起こります。
また内服薬の場合、全身に作用するため、頭皮以外の毛根にも働きかけます。
すると体毛の毛根にも栄養や酸素が行きわたり、体毛が多く生えるようになったり、濃くなったりします。
内服薬の方が外用薬に比べて効果が高い一方、副作用も強く出やすいので注意が必要です。
特に服用し始めたばかりの頃は副作用が強く出やすいため、少しずつ慣れていくようにすることが大切です。

なおミノキシジルは血流を良くする薬なので、他の血流を良くする薬と併用すると強く効きすぎてしまい、低血圧につながる恐れがあります。
そのため服用する際は、他の薬との飲み合わせにも注意が必要です。
他にも抱えている病などによっては服用する際、医師に相談した方が良い場合もあります。

ミノキシジルとプロペシアで発毛アップ

AGAの治療薬には、ミノキシジルの他にもう一つあります。
それがプロペシアです。
AGAの原因の一つとして挙げられるのが、男性ホルモンの一種になるジヒドロテストステロン(DHT)。
プロペシアの有効成分フィナステリドは、このDHTが生成されるために必要な酵素の働きを抑える効果があります。
するとDHTの生成が抑えられるため、AGAの改善にもつながるのです。

AGAの治療の際、推奨されているのがミノキシジルとプロペシアの併用です。
薬の場合、似たような働きをする薬を一緒に服用してしまうと、効果が強く出すぎてしまうため併用することはできません。
一方ミノキシジルとプロペシアは異なる働きをします。
ミノキシジルは血管を広げ、血流を良くすることで毛根に栄養や酸素が行きわたりやすくなる働きをします。
プロペシアはAGAの原因となるDHTの生成を抑える働きがあります。
異なる働きをするからこそ、併用することができるのです。

AGAの場合、2種類の薬を併用することでより高い効果が望めます。
それぞれの薬が異なる部分からアプローチすることで、より良い効果が望めるからです。
そのためAGA治療薬の多くには、2つの薬の成分がどちらも配合されている場合が多いです。
両方一緒に摂取することで、発毛効果を促進することができるからです。
なのでAGAに悩んでいる場合は、両方配合されている育毛剤を選ぶことをおすすめします。

使用時の注意事項

ただしプロペシアを服用する際、注意しなければならない点もあります。
プロペシアの有効成分、フィナステリドはDHTの生成を抑えるものです。
そのためAGA以外の脱毛に対しては効果を発揮しません。
というのもAGA以外の脱毛は、血流の悪化や頭皮環境の悪化が大きな原因だからです。
ですのでミノキシジルと併用するのは、AGAの場合に限られます。
脱毛の原因が他にある場合、併用しても満足のいく効果が得られないため、注意が必要です。

さらにフィナステリドは、原則女性の服用が禁止されているものになります。
DHTは胎児の男性器の形成にも関わります。
妊婦の体内にフィナステリドが入ると、胎児の男性器の形成に影響を及ぼす恐れがあります。
そのため女性の場合は、逆にミノキシジルとプロペシアの併用は避けるようにしましょう。

初期脱毛には個人差がある

ミノキシジルを服用し始めてしばらくすると、急に髪の毛が抜けることがあります。
これは初期脱毛と呼ばれるものです。
初期脱毛が起きる原因には、ヘアサイクルが関係しています。

髪の毛は「成長期」の間に成長し、「退行期」になるとその成長が止まります。
やがて成長が止まった髪の毛は自然に抜け落ち、「休止期」に入ります。
この「成長期」「退行期」「休止期」のことをヘアサイクルと呼びますが、頭皮の環境や血流が悪くなると、ヘアサイクルが乱れるようになります。
ヘアサイクルが乱れると「成長期」が短くなり、髪の毛が十分成長できないまま抜けてしまうため、薄毛・脱毛につながるのです。

ミノキシジルを服用すると、血行が促進され、毛根に栄養や酸素が行くようになります。
すると休止期に入っていた毛根も刺激を受け、成長期に入ります。
毛根が成長期に入ると、古い毛は押し出されます。
この古い毛が多く抜けている状態が、初期脱毛なのです。

初期脱毛は古い毛が抜けている期間です。
そのため古い毛が抜けきり、ヘアサイクルが落ち着くと次第に抜け毛はなくなってきます。
その後血流が良くなると頭皮の環境も良くなり、ヘアサイクルは次第に整えられていきます。
そうなると成長期も長くなるため、髪の毛が長く太く成長でき、抜けにくくなります。

ただしヘアサイクルが落ち着くまでには、個人差があります。
ですので初期脱毛が落ち着くまでの期間も、数週間から2か月続く場合と様々です。
その後のヘアサイクルの周期にも個人差があるため、古い毛が抜けきるまでにも差が生じるのです。
さらにどの程度初期脱毛が見られるかにも個人差があります。
人によっては多く髪の毛が抜ける場合もありますし、症状が全く見られない場合もあります。
症状の現れ方はヘアサイクルによって違うからです。

なお、ミノキシジルを服用して現れる脱毛の全てが、初期脱毛というわけでもありません。
場合によっては薬の副作用であることもあります。
具体的には1日100本以上の脱毛が続く、2か月以上脱毛が続く、脱毛した部分に赤みがあったり、かゆみがある場合が挙げられます。
これらの症状が見られた場合は、薬が体に合っていない場合が考えられます。
ですのでこれらの症状が見られた場合は、薬の服用を中止し、医師に相談するようにしましょう。