ミノキシジルで初期脱毛を乗り越えると効果あり

ミノキシジルで初期脱毛を乗り越えると効果あり

ミノキシジルは薄毛の改善に効果的な薬として知られていますが、もともと血管拡張剤として開発された薬です。
この薬を内服薬としてタブレットにしたものがミノキシジルタブレットであり、リアップなどの商品があります。
ミノキシジルタブレットは高血圧の治療薬であり、薄毛の治療薬として処方してもらうことはできません。
薄毛の改善のために利用したい場合は個人輸入代行サイトを利用する必要があります。
サイトによって価格が異なってくることもあるため、いろいろなサイトを比較してみましょう。

薄毛の治療のためにミノキシジルタブレットを使用した場合、初期脱毛と呼ばれる症状が発生することがあります。
この症状の出方には個人差もありますが、だいたい1ヶ月くらいで抜け毛が増え始めると言われています。
人によってはあまり抜け毛の量が変わらないこともありますし、普段よりもかなり多く抜け毛が発生してしまったという人もいるということです。
治療前よりも抜け毛が増えてしまったらショックを受けてしまうかもしれません。

なぜミノキシジルで初期脱毛が発生するのかということですが、服用することで毛母細胞が急激に活発化し、不健康な髪の毛が一気に抜け落ちてしまうためです。
初期脱毛で抜け落ちるのは成長が止まった毛であり、このような毛はいつ抜け落ちてもおかしくない状態です。
元気な髪の毛が抜けるわけではないので安心しましょう。

初期脱毛で抜け毛が増えたと感じてしまうのは、通常なら3ヶ月程度で少しずつ抜けるはずの髪の毛が短期間で抜け落ちてしまうためです。
そのためこの期間を乗り越えれば育毛効果が期待できるとされています。
初期脱毛の間はかなりつらいかもしれませんが、いつまでも続くものではないと理解しておきましょう。

初期脱毛の期間についてはヘアサイクルによって異なってきます。
薄毛が発生するのはヘアサイクルのうちの成長期が短くなってしまうためです。
髪の毛の成長期が短くなると細くて弱い毛が増えてしまいます。
このような毛は成長する前に抜け落ちてしまうことが特徴であり、薄毛や抜け毛がどんどん進行してしまいます。

ミノキシジルの初期脱毛を乗り越えることにより、毛根細胞は再び活性化します。
初期脱毛は乱れてしてしまったヘアサイクルを正常化させるために必要なものです。
飲み始めてから1ヶ月くらいで抜けるのは休止期の髪の毛です。
抜け毛が完了したらヘアサイクルが正常化したと言えますし、健康的な髪の毛がきちんと成長できるようになっているということです。

ミノキシジル配合の医薬品について

ミノキシジルとはもともと薬の有効成分の名前であり、リアップにはこれが主成分として配合されています。
現在販売されているリアップは外用液タイプの製品ですが、海外ではミノキシジルを含む内服薬であるタブレットもいくつかの製薬会社から販売されています。
これらはすべて医療用の医薬品であり、国内では未販売です。

国内で最初に販売されたミノキシジルを含む医薬品は、リアップです。
これは一般用の医薬品であり、有効成分としてミノキシジルが1%配合されていました。
その後は女性用のリアップレディーやミノキシジルを5%配合したリアップX5プラスなどが販売されています。
現在国内で販売されているリアップにはいくつかの種類があり、医薬品のものと医薬部外品のものとがあります。
医薬品であるリアップにはすべてミノキシジルが配合されています。

海外では、外用液タイプの製品と内服薬タイプの製品の両方が販売されています。
しかし、こちらはミノキシジルの血管拡張作用を利用した薬で、本来は高血圧を治療するための薬になります。
これらはすべて医療用の医薬品であり、複数の製薬会社から販売されています。
ただし、国内では内服タイプのミノキシジルは未認可となっているため販売されておらず、購入するには個人輸入などを利用して海外から入手する必要があります。

内服薬タイプの物も外用液タイプの物も初期脱毛さえ乗り切れば薄毛改善に効果があるとされています。
これは髪の毛の成長期が長くなり、休止期が短くなるためです。
しかし、本来であればミノキシジルタブレットは薄毛治療に使用される薬ではないため、使用は自己責任であり、副作用に気を付けながら使っていく必要があります。
個人輸入の場合、販売価格も安く、医療用のミノキシジルも処方箋なしで購入することができます。