ミノキシジルの初期脱毛を抑えることは可能?

ミノキシジルの初期脱毛を抑えることは可能?

AGAをミノキシジルで治療をする場合初期脱毛の症状が出ますが、異常ではないので、ミノキシジルの初期脱毛は抑えることが不可能です。
初期脱毛はAGA治療の最初の1〜2ヵ月で大量に抜け毛が起こる現象をいいます。
日常でも90本前後は抜けているのですが、薄毛の治療を初めてすぐに200本以上も抜けるとびっくりしてしまいます。
初期脱毛は成長しない古い毛髪が新しく生えた毛に押し出されることで起こります。
ヘアサイクルによって毛は周期的に生え変わっていますが、成長が止まった状態の毛は休止期で、本来であればこの時期に毛母細胞も数か月休止し抜け毛の時期になります。
しかし、ミノキシジルでAGA治療を行うことで毛母細胞が活性化して毛根では髪の毛の生成が行われ、新しく作られた毛に押されて抜けてしまうのです。
これが、初期脱毛の状態です。

ミノキシジルでの治療前に医師から初期脱毛について説明を受けていても、実際に大量の抜け毛を見ると不安になってしまいます。
全部抜けてしまうのではと疑う本数ですが、初期脱毛が起こっているということはミノキシジルの薬が効いているということにもなるので、治療の効果はあらわれているということです。

ミノキシジルの初期脱毛の期間は、個人差はありますが、治療を開始してから10日後から15日後あたりから始まる可能性があります。
ミノキシジルは効果のある薬ですが、押しだす毛が生えてこないと毛を押し出すことはできないため、10日間程度は抜け毛が始まるまでかかることになります。
薬が効きやすい人や効きにくい人、毛根の個人差などもあり、薄毛の範囲が広いとそれだけミノキシジルの効果も異なります。
初期脱毛の期間は薄毛の範囲が広いと長くなり、期間は長いと1ヵ月間、短いと半月程度で抜け毛は収まります。
しかし治療を初めて2ヵ月〜3ヵ月も抜け毛がある場合には、他の原因も考えられるでしょう。
初期脱毛が終わらない場合には、薬の薄毛治療の速さよりも薄毛の進行が早いこともあり得るので、ミノキシジルでは治療ができないこともあります。
他の治療法と併用したり治療法を変える場合も考え、早めに医師に相談しましょう。

初期脱毛があるってことは効果が出ている証

ミノキシジルによる初期脱毛は、異常ではないです。
初期脱毛が見られるということはそれだけ薬が効いているという証拠になります。

ミノキシジルは血行を促進する効果があります。
頭皮の血行が促進されることで毛母細胞が活性化し、髪の毛の生成が行われます。
新しい髪の毛が成長すると、古い毛は押し出されるため、一時的に髪の毛が大量に抜けるのです。
つまり初期脱毛が見られているということは、新しい髪の毛が生え始めているという証拠。
ミノキシジルによって毛母細胞が活性化しているという事なので、薬の効果が出ているということになります。

ミノキシジルによる初期脱毛は、薬が効いている証拠なので、症状を抑えることは不可能です。
古い毛が抜けきり、ヘアサイクルが整うと症状は落ち着いてくるので、それまで待つようにしましょう。

ただ、ここで一つ不安が生じます。
それは初期脱毛が見られなかった場合です。
初期脱毛が見られない場合、薬が効いていない可能性も考えられます。
ただし、人によっては薬の効果はあるものの初期脱毛は起こらないこともあります。
ヘアサイクルは人によって違います。
これから成長する毛母細胞が多く、古い毛が少なければ、それだけ抜ける毛も少なくなります。
初期脱毛はミノキシジルが効いている証拠でもありますが、だからといって必ずしも現れる症状というわけでもありません。

けれども、睡眠不足やストレス、偏った食生活は血流や頭皮環境を悪化させ、ミノキシジルの効果を弱めてしまう恐れがあります。
もし初期脱毛が見られない場合や、治療を初めて数か月経過しても抜け毛が見られる場合は、薬が効いていない可能性があります。
その場合は生活習慣を整えるとともに、医師に相談することが大切です。