頭皮のかゆみやフケを抑えるならニゾラールシャンプー

頭皮のかゆみやフケを抑えるならニゾラールシャンプー

頭皮のかゆみやフケの原因にはさまざまな要因があり、乾燥が原因のかゆみやフケならば乾燥対策に優れた頭髪洗浄剤で改善を図ることができます。
しかし、その原因が真菌によって引き起こされているものであれば、抗菌作用のある商品を使用することが重要です。

真菌による頭皮のかゆみやフケで特に多いのが脂漏性皮膚炎です。
顔だけでなく頭皮にも発症するこの症状は皮脂が過剰に分泌されることによって真菌であるマセラチア菌が繁殖してしまうことで起こります。
その特徴はまず、頭部のべたつきなど皮脂を多く感じる、比較的大き目でかたまりのあるフケに悩まされる、悪化するとかさぶたや激しいかゆみも引き起こされます。
このような真菌が原因の頭皮のかゆみやフケには抗菌作用のあるニゾラールの頭髪洗浄が適しています。

ニゾラールの頭髪洗浄剤の有効成分ケトコナゾールは皮膚真菌症の治療薬です。
日本でも治療薬として処方され、またこの有効成分ケトコナゾールは脂漏性皮膚炎などの症状だけでなく発毛効果の働きも期待できることがいくつかの論文で指摘されており、脱毛症にもその効果を実感できる期待が高まっています。

頭皮のかゆみやフケ以外にも男性型脱毛症にも原因にもアプローチしてくれるニゾラールは通販を利用して購入することが可能です。
個人輸入代行サイトなどが購入できる多くの手段です。
有効成分ケトコナゾール自体は日本では医薬品成分になりますので病院から処方薬として処方されます。
これはローションタイプとクリームタイプのみで、ニゾラール自体は製品化されていないため海外製品を輸入する形となります。

ニゾラールシャンプーはお求めやすい価格で購入できるタイプもあります。
その場合パッケージなどには違いがありますがよりお求めやすい価格での商品で、成分などを比較してもニゾラールシャンプーと大きな違いはありません。
今まで乾燥が原因だと思い込みさまざまな乾燥対策のアイテムを使用しても改善してこなかった方は、真菌がそのかゆみやフケの原因であることを一度疑ってみることがおすすめです。

脂漏性皮膚炎の症状について

真菌の一種であるマラセチア菌によって引き起こされる脂漏性皮膚炎は、程度や状況によって様々な症状が現れます。
初期の場合は頭皮の皮脂が増えることで、大きめのフケが発生します。
フケの症状はマラセチア菌以外にも頭皮が乾燥したり汚れによって発生することがあります。

乾燥が原因の場合は保湿効果のあるトリートメントなどのヘアケア製品を使うことで改善が期待できます。
また、汚れが原因の場合は頭皮を清潔に保つように心がけることで症状が治まることが多いようです。
しかし脂漏性皮膚炎によるフケは保湿をしたり、皮膚を清潔にしても改善が期待できないばかりか、洗いすぎるとかえって悪くなってしまうこともあります。

フケの原因であるマラセチア菌には有効な抗菌作用のあるヘアケア用品を使用することが大切です。
他の症状としては、毛穴に詰まった皮脂が酸化して臭いを発することもあります。
フケや臭いを放置すると悪化が進みかゆみや炎症などの症状が出始めます。
さらに悪化するとかさぶたのようなものが出来たり、炎症が進んで毛が抜け始め、脱毛症になる恐れもありますので、早めの対応が重要です。
肌が乾燥しやすい人やアレルギー体質の人は脂漏性皮膚炎と他の肌トラブルが同時に発症してしまうこともあり、併発した場合は症状がさらに悪化したり、治りにくくなりますので、注意が必要です。

また、原因究明が難しいケースもあります。
脂漏性皮膚炎は真菌の抗菌作用に優れたケトコナゾールという成分が有効で、ケトコナゾール入りのニゾラールシャンプーが多くの人に愛用されています。
ニゾラールシャンプーは海外製のため国内では市販されていませんので、自己責任で個人輸入などで手に入れることになります。