AGA治療には安くて効果のあるフィンペシア

AGA治療には安くて効果のあるフィンペシア

多くの男性が悩むAGAですが、その治療薬は値段も種類も様々です。
どれを選んだら良いのだろうかと悩んでしまう方も少なくないことでしょう。

AGA治療薬は値段が高ければ高いほど効果を発揮するものではなく、また安価なものが粗悪品であるというわけではありません。
有名なAGA治療薬に「プロペシア」という薬がありますが、これを病院で処方してもらうと1カ月分で数万円するほど高価です。
しかもAGAは長期間の治療が必要になるため、1月当たり数万円の負担が数年かかってしまうことになります。
負担額がかさむことから治療をあきらめてしまう方も少なくありません。

できる限り金銭的な負担をかけずにAGA治療を行いたいと考える方には「フィンペシア」の使用をお勧めします。
ジェネリック医薬品であるフィンペシアを使用することで高い効果はそのままに治療にかかるお金を大幅に下げることが可能です。
また、フィンペシアの通販を利用することで、より安価に入手することもできます。
フィンペシアはインドの製薬会社の製品であり、インドは医薬品の特許条例に加盟しておらず、特許が切れていない製品の製造が許可されています。
そのため新薬と同一の有効成分を用いた安い薬を販売することが可能になっています。

AGAが引き起こされる原因としては「5αリアクターゼ」という物質の働きが挙げられます。
この物質が男性ホルモンと結びつくことで「ジヒドロテストステロン」という物質に変化をし、AGAの症状を引き起こします。
フィンペシアの主成分である「フィナステリド」はこの5αリアクターゼの働きを抑制する効果があり、AGAの症状を止めることが可能です。

育毛剤というと頭皮に直接塗布するタイプをイメージしがちですが、フィンペシアはさらに手軽に服用可能な錠剤です。
この点もまたフィンペシアの人気の一つであるといえるでしょう。

フィンペシアの効果はおおよそ半年〜1年ほどで現れますが、効果が現れたからといってすぐに治療が終わるわけではありません。
その効果を維持するためには飲み続ける必要があります。
服用する方の体質によってはEDの症状が現れる場合もありますので医師と相談の上続けましょう。

AGA治療薬を服用するとEDになるかも

プロペシアのジェネリック品に位置づけられているフィンペシアは、先発品と同様で少なくとも6ヶ月程度は飲み続けて効果の有無を判断することが推奨されています。
長期間毎日飲み続けることになるので副作用には十分に注意したいところですが、近年フィンペシアやプロペシアなどのフィナステリド含有のAGA治療薬において新たな副作用が報告されるようになりました。
その症状とはEDで、フィナステリドを体内に投与するとEDをはじめとして、リビドー減退や射精障害、精液の射出量の減少などといった性機能障害が起きる可能性があります。

フィナステリドがなぜ男性の性機能に悪い影響を及ぼすのか、そのメカニズムは現時点ではまだわかってはいません。
しかし、実際に症状が出た患者が複数存在するのは事実であるため、フィナステリド含有のAGA治療薬を製造しているメーカーや、この薬の製造販売を承認している国の規制当局では注意を呼びかけています。
先発医薬品であるプロペシアでは製造販売元が2014年3月に行った添付文書の改訂で、ED等の性機能障害に関する副作用についての記述を追加しています。
フィンペシアはインドの製薬メーカーによってつくられていますが、錠剤中にプロペシアと同量のフィナステリドが含まれている以上、同じように注意しなければならないでしょう。

もし、EDなどの性機能障害の副作用が心配なのであれば、ED治療薬を常備しておくと良いです。
フィナステリドとED治療薬に使用されている成分は併用が禁忌にも注意にもなっていないため、基本的には用法と用量を守っていればどちらも安全に飲み続けられます。
インターネットの医薬品通販サイトでは、日本で購入できる製品より安いED治療薬が取り扱われているので、フィンペシアと一緒に注文するのも良いでしょう。